2012年9月24日月曜日

BIGLOBE「ほぼスマホ」の料金

http://www.denwasite.com/android/biglobe_hobo_sumaho
更新です

端末代金が0円になりました。先日NECの端末を押し付けられて気の毒だと書きましたが、タダでもいいので処分してくれに変わったようです。

iPhone5でテザリングと言う言葉広く知られるようになると、Biglobeのようなプロバイダ事業者が一番あおりを受けそうです。 当サイトでも、昨年あたりからスマートフォンのテザリング機能を使って固定回線を廃止して節約という記事を何度も書いています。 これからこの流れは本格化するでしょう。

ADSLだけでなく光回線のユーザーの中にも、テザリングで十分間に合う人は多そうで、プロバイダ事業者とNTT東西はじり貧を避けられそうにありません。  プロバイダ事業者は合併して資本強化し、携帯電話事業に転換し方が良さそうに思えます。 電波利権の関係で総務省が消費者そっちのけでいろいろ配慮してくれますから、携帯事業はよほどの愚者でない限り儲かる事業です。

2012年9月17日月曜日

LTE料金比較

http://www.denwasite.com/android/lte_hikaku
新記事です

各社まだエリアが狭いため、高速通信としての価値はいまのところ低い状況。

料金・サービス内容は、auがドコモ・ソフトバンクへの対抗内容になっており全方位作戦。

サービス内容の一番の違いはテザリングの有り無しか。一人暮らしでPCを持っているとかなり大きい要素になります。 
高画質動画・長時間動画を見なければPC利用でも7GBで収まる人は多そうです。

ドコモの3GBライトパケット定額はSNSメインの人なら価値があります。収入が少なくなるこのプランは他社はやりたがらないはずで、そのうちなくなるかもしれません。 ドコモがこれを用意したのは3Gパケット定額との価格差を埋めるためでしたから。


各社スマートフォンの利用料金比較

http://www.denwasite.com/android/smartphone-ryoukin-hikaku-hikaku
更新です

iPhone5の情報を入れました。 今のところベーシックな内容のみです。まだキャンペーン内容が見直される可能性高いため、落ち着いたらiPhone5,4Sで別のページを用意予定。SIMフリー機のドコモでの利用も含めて。

先日比較表をドコモXi7GBから3GBのライトプランを主としましたが、ソフトバンク・auが7GBでLTEを設定してきましたのでドコモも7GBを主としました。
ただ、多くの利用者は3GBでも間に合いそうに思えます。 以前から使っていてスマートフォンが日常になっている人、普通の携帯の代替品として使う人は月に1GBくらいしか使わない可能性が高い。 動画を頻繁に見る人でなければ、ドコモのライトプラン3GBは割安で良いプランです。

2012年9月8日土曜日

auスマートフォン毎月割金額

http://www.denwasite.com/android/au_smartphone_maitukiwari
更新です

毎月割の条件が変わりました。

  • パケット定額がフラットのみ対象になっています。(ダブル定額は対象外)
  • MNPは月額980円増額

端末の価格やキャッシュバックがどうなるかによるので、この変更の影響は様子見。

大多数の利用者は携帯会社が提示する標準的なプランから選びます。今回のように選択肢が無い方がむしろ喜ばれる可能性もあります。ソフトバンクを選ぶユーザーに重なりそうです。

プランやオプションを自由に組み合わせたいユーザーにとっては改悪に感じます。

2012年9月3日月曜日

BIGLOBE「ほぼスマホ」の料金

http://www.denwasite.com/android/biglobe_hobo_sumaho
更新です

SIM単品契約にキャッシュバクキャンペーンが投入されています。1万円÷24ヶ月=416円ですので月額がかなり下がります。
Biglobeは今年に入ってWiMAXでもいいキャンペーンを出しています。今回も市場のニーズにうまく合わせているように見えます。 短期解約を防ぐようないいタイミングでのキャッシュバック。

親会社が存続しているのが不思議なほどいろいろダメな感じですが、どこかに綺麗に引き取ってもらえばBIGLOBEはもっと伸びそうに思います。ほぼスマホでも親会社の残念端末の処理というか押しつけというか何か気の毒な感じすらします。

NECはIntel互換のV30、PC98で鎖国化を進めたころは輝いていましたが90年代半ば以降はこれといった業績は記憶にありません。偶然当たったiモード折り畳み端末での強運くらいでしょうか。
親子上場での怪しげな資金調達と、内紛のほうが記憶に残っています。
最軽量PCの発売など技術はあるので、事業ごとにバラバラにして野心的な経営者を入れればまだまだいけそうな気がします。

2012年9月2日日曜日

各社スマートフォンの利用料金比較

http://www.denwasite.com/android/smartphone-ryoukin-hikaku-hikaku
更新です

10月からドコモXiの料金がキャンペーン終了で正規の料金になります。 3GB上限のライトと7GB上限のフラット。 他社が1GB程度であること、スマートフォンで1GB以下の利用者は意外に多そうなことから3GBのライトプランを基準に料金表を作成しました。

ドコモの拡販策が内容のあるいいものですので、プラスXi割と月々サポートを組み合わせるようまわりに薦め、大半が月額1000円以下でパケット使い放題になってきました。  

ドコモの組み合わせが面倒な人には、MVNOの月1000円以下の低速パケットサービスを選べます。 地味ながらドコモ系パケットサービスの充実は、利用者の選択肢を広げくれています。

2012年9月1日土曜日

WiMAX Flat年間パスポートを安さで比較

http://www.denwasite.com/netto-setsuzoku/wimax_year_passport_hikaku
更新です

2年契約で安いDTI、GMO2社がルーターをmobileCubeにするとキャッシュバックを大きくしています。
この2社はドコモMVNO系でも安さでしのぎを削っていて、プライスリーダーになっています。
比較的新しい会社で固定費が小さく、人件費も固定化してないと思われます。 製造メーカーは身内や組合重視のし過ぎで身動きが取れなくなっていますが、それとは反対の状況。
また、 本業よりも株券印刷的な運営?も可能なため利益よりも、見た目の売り上げの伸び・成長などを重視しているのかもしれません。